Q1 札幌危険物安全協会って、どのような団体?

A1

札幌市内の危険物施設を所有する事業所の集まりが「札幌危険物安全協会」です。
当協会は、ガソリンや灯油などの危険物による災害が地域住民に多大な影響を及ぼすことに鑑み、様々な事業を行うことで、危険物施設の安全の確保や危険物に関する知識の向上に努めております。
また、市民に対する危険物の普及啓発や地域貢献事業にも取り組んでいる団体です。

Q2 会員には、どのような事業所がいるの?

A2

札幌市内の各区において、ガソリンスタンドやタンクローリー等で燃料販売を行っている事業所や、建物でボイラー等を用いて燃料を消費している事業所が、正会員として加入しています。
また、地下貯蔵タンク作製、燃料供給関連設備販売等の事業所が、賛助会員として加入しています。

Q3 どのような事業を行っているの?

A3

当協会は、「コンプライアンスの推進と保安確保に向けた情報発信」、「積極的な地域貢献」、「会員自らが主体となって事業に取り組む団体」という3つの組織コンセプトを掲げており、主に実施する事業は次のとおりです。

○保安研修会
○救命講習会
○移動タンク貯蔵所の一斉点検
○ホームページを活用した各種情報提供
○危険物取扱者免状取得助成
○地域貢献として青少年育成事業や地域の防火・防災等の啓発事業への協賛

Q4 入会方法を教えて!

A4

市内の危険物施設を所有又は管理されている事業所の方であれば、どなたでも入会できます。
入会届に必要事項を記載していただき、年会費8,000円を添えて、事務局までご持参ください。

  ・ 入会届(PDF)

※ 各年度10月1日以降に入会される場合は、年会費が4,000円となります。
※ 銀行振込をご希望の方は事務局にご連絡ください。
危険物の貯蔵、取扱い、運搬に関するQ&Aは、「札幌市公式ホームページ」の、
「防災・防犯・消防」⇒「消防・火災予防」⇒「火災予防」⇒「危険物(ガソリン・灯油等)」
からご覧ください。

札幌市公式ホームページのアドレスはこちらです。
http://www.city.sapporo.jp/shobo/yobo/kikenbutsu/documents/unpan.html